更新通知を受け取る

ステージ解説「タチウオエリア」

ステージの特徴

特徴:エリアまでの距離が長く、中央以外全体的に足場が狭くなっています

また中央のエリアは低地になっているので、④や⑧から非常に広範囲見渡すことができます

中央で塗り合いながら隙をみて敵陣に滑りこむのが大事になるステージですね

チャージャーの制圧力が非常に強く(特にリッター)、まともに撃ち合ってるとじり貧になるので

敵陣の長射程をいかに機能不全に追い込むかが重要になります

打開難易度:非常に高い

ガチマオススメ度:非常に低い

打開の基本

基本的な方針としては

  1. 自陣右高台(③)を取り返す
  2. 取り返した③を起点に、放射状に足場を作りながら前線をあげるイメージ
  3. ④と⑥を奪還してからエリアを取り返す

これが打開の基本的な動きになります

①→④の最短コースで降りる人が非常に多いですが、④で潜伏されてると
降りてきたところを美味しく倒されてしまうので絶対に降りてはいけません(あくまでも打開時の話)

一度抑え込まれるとカウントが非常に進んでしまいますが
ここは焦ると本当にすぐノックアウトまで流れができてしまうので

ぐっとこらえて落ち着いて打開しましょう

抑えの基本

敵の処理ができたら前線をあげていくんですが

基本的に敵陣左高台(⑬)の奪取を第一目標にしましょう

このポジションは⑭~⑮と広範囲の敵に圧力をかけれる上に
自分がデスしそうになったら降りて逃げることもできます

敵が焦って⑯→⑫の最短で降りたらこっちのもんです(たいてい誰かが見張ってるので)
ただ、味方があまりに⑬に集まってくるようでしたら⑫で潜伏するのも○

しかし基本的にはカウントを稼ぐためには⑬を奪取するようにしていきましょう

ワンポイント

ここはリッターが本当に脅威となるステージです
味方がリッター以外の後衛ブキ、相手にリッターみたいな構成になると

引き気味に戦ってしまうとまず負けます(後衛の制圧力が全然違うので)

その為、構成をみて、強気に出るべきかどうかの判断が重要になりますね
逆に、こっちがリッターがいてしかも塗り勝ってるときは

正直攻めなくてもいいです。リッターがぼちぼち抜いてくれるのを待ちましょう
あとは塗りながらつっこんできた敵を丁寧に処理するだけです

このように構成によって「攻めないといけない」という展開になりやすく
それが結果に直結するようなステージなので

割と構成に応じた動き方の方針決定が重要になると思います


圧倒的なAIMを身に付ける

このゲームの基礎はAIMです。学術的根拠に基づくAIM練習方法でぼくはXP2600を越えました。皆さんにその方法をお伝えします



有料記事読み放題


膨大・濃厚な知識が得られる有料記事がなんと月額で読み放題。考察と知識、練習方法、考え方まで身につく最高のプランです


本気の直接指導で上手くなる



甲子園優勝者と指導歴4年のベテラン指導者から直接指導を受けることができます。スプラトゥーンで唯一の指導専門チームを体験してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA