更新通知を受け取る

潜伏に注意したい3つのポイント

スプラトゥーンならではの技術、潜伏

殆どの人が、待ち伏せするローラーに倒された!なんて経験があるんじゃないでしょうか

これが警戒できてないとデスが途端に増えますね
相手の潜伏に対応するために見るべき場所を紹介します。

1.相手と自分のインクの境目

オブジェクトが少ないステージで特に、境目に潜伏してることは多いです
一見大して怖い潜伏では無いのですが、警戒してないと意外とやられます。

警戒して損は無いです。必ず最大射程またはボムで、とりあえず警戒しましょう。

敵インクを塗ろうとするあまり、迂闊に近づいてしまうと一気にやられてしまいます
遠くから、安全を確保しながら塗るクセをつけたいですね

2.壁の裏

ここが1番潜伏しやすいので、1番警戒したいです
塗りづらく弾が当たりにくいので、そこによく相手が潜伏してます。

ただしこれも基本的にボムを投げれば解決します。
ステージ事にオブジェクトの位置は決まってるので、見る回数、警戒するべき場所は決まってるはずです
順番に丁寧に見ていきましょう。

また、ある程度の見切りをつけて決め撃ちすることも大切です。なおさら自分がキル武器であるならば
見るべき場所は限られるので相手の潜伏場所を予め予想しておくのも重要になります。

選択肢としては、慣性キャンセルを利用して誘き出すという方法
潜伏ポイントまで近づいてやられそうなギリギリの所で慣性キャンセルをすることで
相手はやれる!と思って飛び出してきます。そこを返り討ちにする方法です。

ボム持ちでない武器がやる手段ですね。
多少の技術が求められるので初心者にはあまりオススメはしません。

バケツ系みたいに当たり判定が広いブキは
敵がいそうなかべに上からバシャバシャしてるだけでキルできたりもします

3.高台、段差の下

特にローラーやバケツ系のブキが潜伏していますね

高台から顔を出した敵を倒そうと虎視眈々と狙っていることは少なくありません
ボムを落としたりするのもいいですし

少し別の方向からメインを流してみたり
曲射を上手いこと落としたりと色々な方法があります

特に打開時の高台、段差の下には気を付けましょう!
迂闊に体を出すと一発でやられてしまいますよ


圧倒的なAIMを身に付ける

このゲームの基礎はAIMです。学術的根拠に基づくAIM練習方法でぼくはXP2600を越えました。皆さんにその方法をお伝えします



有料記事読み放題


膨大・濃厚な知識が得られる有料記事がなんと月額で読み放題。考察と知識、練習方法、考え方まで身につく最高のプランです


本気の直接指導で上手くなる



甲子園優勝者と指導歴4年のベテラン指導者から直接指導を受けることができます。スプラトゥーンで唯一の指導専門チームを体験してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA