更新通知を受け取る

【スプラトゥーン2】初心者が学ぶべき3つの要素

ゆと
皆さんどうも、ゆとです。

ぼくはXP2600↑、フェス24傑
大規模大会ベスト8くらいの
実績を持っていたプレイヤーです
現在は指導活動に専念しています
昔からスプラ指導をしていて
累計200人以上教えてきており
教えた生徒はXP2700到達者もいます

2019年8月よりプレイヤーの上達を助け
ゲームをもっと楽しむことを目指した
指導チームを運営しています
SEPについて知りたい方はこちら

指導チーム「SEP」

FPSには3要素と呼ばれる
ゲームを考える上で大切な3つの要素があります
スプラトゥーンはTPSというジャンルですが
必要な事は殆ど同じです。
まず何から学ぶべきなのかを学習しましょう

初心者が学ぶべき3つの要素とは

初心者にぜひとも学んでほしい
FPSの3つの要素とは

  • AIM
  • 知識(データ)
  • 立ち回り

の3つになります
それぞれについて説明していきましょう

AIM

画面中央にある
「レティクル」
を敵に合わせる事を言います
AIMがいいというのは
「精度の高い射撃ができる」という事です

意識していない人も多いですが
このAIMには

  • 瞬間AIM
  • 追いAIM
  • 置きAIM

の3種類があり
それぞれのブキに必要なAIMは違います
AIMについて詳しく記載した記事があるので
こちらも読んでください
AIMの鍛え方なんかも載っています

AIMの種類と特徴

「AIMを鍛える」というのは
誰もが通るべき必須課程です
ここを疎かにしてしまうと上手くなれません

「AIM練習なんて意味がない」
そんなことはありません
それについても記事を書いてるので
読んでみてください

【スプラトゥーン2】AIM練習が上達に必須な理由

知識(データ)

実は、これめちゃくちゃ大事です
このゲームは膨大な知識が必要になるんですね

  • 武器の性能
    (有効射程、塗り性能、キル速など)
  • それぞれの武器の基本的な動き方
  • ステージ毎の打開ルート
  • ステージ毎
    武器毎の強いポジション
  • 強いポジションにいる武器のどかせ方

etcetc….

今一部紹介しただけでも、凄い量ですよね
自分の次の行動を決定する上で
判断材料となるのがこの知識です

知識がないと行動決定の判断材料がありません
本当に重要な要素なので忘れないで下さい

立ち回り

非常によく聞く言葉ですが
「立ち回りって何?」って聞かれて
一体何人が説明できるのでしょうか

大体の人が「動き方」くらいの認識です
そんなぼんやりした考えに頼るのは
非常に危険なのでしっかり理解しましょう

立ち回りについて定義してまとめているので
ぜひそちらを読んでください

【スプラトゥーン2】「立ち回り」ってそもそも何?~立ち回りで勝てるは幻想~

初心者が重視すべき要素

初心者はまず「AIMを徹底的に鍛える」
ところからはじめましょう
打ち合いに勝てるようになるのが大前提です

ぼくが提唱してるAIM練習方法が
非常に大きな成果を出しています
それについて知りたい方はこちら

そして、次に知識を身に付けましょう
ブキ理解をして、そのブキの基本を知り
ステージを散歩して戦い方をイメージしましょう

よく立ち回りが大切だと声高に叫ぶ人がいますが
最初はそんなもの無くてもいいです
下手な立ち回り考察よりも
目の前の敵を圧倒できる方が
ウデマエも簡単に上がります

立ち回りというのは

  • 最低限の知識
  • 最低限のAIM

の2つが揃って初めて成り立つもので
それが身につかないうちは
そんなもの考えるだけ無駄とすら言えます

「〇〇すれば勝てる」「〇〇最強」は嘘

これについてはツイートもしてます

そんな簡単に勝てるなら誰も苦労しません
上手くなるのに効率的なルートはあっても
近道や裏道なんてありません

結局地道な努力した方が良いっていうのは
現実世界でもゲームの世界でも同じ

目の前の課題に向けて
コツコツと取り組むのが一番大事です
気長に頑張っていきましょう


圧倒的なAIMを身に付ける

このゲームの基礎はAIMです。学術的根拠に基づくAIM練習方法でぼくはXP2600を越えました。皆さんにその方法をお伝えします



有料記事読み放題


膨大・濃厚な知識が得られる有料記事がなんと月額で読み放題。考察と知識、練習方法、考え方まで身につく最高のプランです


本気の直接指導で上手くなる



甲子園優勝者と指導歴4年のベテラン指導者から直接指導を受けることができます。スプラトゥーンで唯一の指導専門チームを体験してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA