更新通知を受け取る

【スプラトゥーン2】スプラシューターベッチューの立ち回り

皆さんどうも、ゆとです

ぼくはXP2600↑、フェス24傑
大規模大会ベスト8くらいの実績を持っていたプレイヤーです
今では現役を辞めて、指導活動に専念しています
昔からスプラ指導をしていて、200人以上の生徒を教えてきました
教えてきた生徒でXP2700を越えた人もいます

今回は、スプラシューターベッチューの立ち回り紹介になります
ギアや性能についても記事を書いているのでそちらも合わせてご覧ください

スプラシューターベッチューの立ち回り

察しの良い人はわかると思いますが、概ねスシコラの立ち回りと同じです
しかしサブスぺやスペシャル回転率等の違いにより少し性質が変わってきます

基本的な動き

相手の後衛を倒す もしくは 敵の注意をひきつける!

一番武器パワーの高い後衛を抑えることが
このゲームの手っ取り早い勝ち方なんですね
その役割を担っているのが前衛です

スシは機動力が高いことを生かして後衛まで詰めて倒しましょう
または潜伏ですね。潜伏からの方が成功率は高いです。

前衛の役割について詳しく知りたい方はこちら

ヘイトを稼ぐ

敵に嫌がらせをして注意を自分に向けることをヘイトを稼ぐといいます
自分に注意を向け嫌がらせをすることで
相手の後衛が本来の役割を遂行できない状態が生まれます

この状態は本当に相手にとっては嫌な状況で
味方にとっては動きやすい状況になるので
有利な試合展開が期待できるわけです

ゲームの基本的な組み立てについてはこちら

打開時の動き

正直この武器弱いので、やれる事の択が少ないです。
スシコラと違い、スペシャルの回転率は非常に良いので
マルチミサイルでの打開関与ができます

マルチミサイルで敵の後衛をどかし、潜伏をあぶりだす事ができる為
タイミングを間違えなければ打開に安全に関与することができます

マルチミサイルで敵を強制的に動かし、スペースを作ることができ
敵の居場所も把握できるのでキルにつなげることが大切です
敵をキルするタイミングを能動的に作れるのが強い点ですね

抑えの動き

無理しろとは言いませんが、出来るだけ前に出ましょう。
後ろに下がっていてもやれることはないです。
最悪キル出来なくても良いです。
前に出てヘイトを稼いで、時間稼ぎをしたいですね。

キューバンボムは敵に対するけん制として非常に優秀なので
位置バレしてでも足止めをしたい時などは有効です
が、やはり理想は潜伏からのキルですね

カウントで勝負するゲームなので、時間稼ぎって結構重要です。
キルを狙って無理だったら少しでも生き残る努力をし
時間を稼ぎましょう。ここでスシベチュの機動力が活きます。

裏取り

裏取りを変なタイミングで行く人が多いですが、注意点

  • タイミングが理解できない人はやめましょう。味方の迷惑です
  • 人数不利の状況下で行くのは絶対やめてください。負けの原因です

ただでさえきつい状況なのにさらに状況が悪化します。
自分が裏取りしている間に味方が全滅します。やめましょう。

それを分からずに味方に文句言ってる人も少なくないのが悲しいですね。

人数有利になったら裏取りしても良いです。
ただし相手が下がっている時ではなく、下がろうとした時に不意打ちするのが一番有効です。

また、均衡時も有効なタイミングになりえます。

  • 塗り勝っている時
  • 味方の他武器にヘイトが集まっている時

がとても有効なのでオススメです。

塗り勝っている時とは、相手が動ける範囲が狭い時です。
この時に色んなところから相手が来ると、逃げることも出来ないので対応が難しいです。

味方の他武器に長射程やキャンプがいて敵が動きにくそうにしているとき
横から突然現れると敵は対応できません。
スシに関しては正面から行ってもやれることが少ないので
裏取り多めに動いても良いかなとは思います。

毎回裏取り行くとバレるのでたまに正面から味方に付いて行くなど
緩急をつけるとより良いです。
しかし注意して欲しいのは
裏取りをしている時間は味方を不利状況に追い込んでいる時間とも言えます

味方が耐えられそうな状況でないと思ったときはやめておきましょう

裏取りについて詳しく知りたい方はこちら


圧倒的なAIMを身に付ける

このゲームの基礎はAIMです。学術的根拠に基づくAIM練習方法でぼくはXP2600を越えました。皆さんにその方法をお伝えします



有料記事読み放題


膨大・濃厚な知識が得られる有料記事がなんと月額で読み放題。考察と知識、練習方法、考え方まで身につく最高のプランです


本気の直接指導で上手くなる



甲子園優勝者と指導歴4年のベテラン指導者から直接指導を受けることができます。スプラトゥーンで唯一の指導専門チームを体験してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA