更新通知を受け取る

【スプラトゥーン2】上手くなる為には、チャレンジをしていこう!

皆さんどうも、ゆとです

ぼくはXP2600↑、フェス24傑
大規模大会ベスト8くらいの実績を持っていたプレイヤーです
今では現役を辞めて、指導活動に専念しています
昔からスプラ指導をしていて、200人以上の生徒を教えてきました
教えてきた生徒でXP2700を越えた人もいます

さて、今回は心構えについて紹介しましょう

上手くなる為には、チャレンジをしていこう!

「ウデマエが落ちる」「XPが落ちる」

これって凄いしんどいことですよね
とても、わかります
だからといってチャレンジを辞めてしまうと、成長は止まります

筋トレで例えてみると
腕立て伏せを1日10回するのを1年間して
果たして、筋肉もりもりになれるのでしょうか?
という話ですね

「自分ができないことをできるようにする」

ということが「チャレンジする」ということです。
できない事に挑戦して失敗して
なぜできなかったのか、どうしてできなかったのか
そういった要因分析をしていくことで上手くなるんですね

デスを恐れていませんか?

デスは確かに減らすに越したことはありません
しかし、デスを恐れるあまり前線を上げることを忘れてしまうと
1デスしただけで試合がひっくり返るようなことになりかねません

敵のリス前で1デスするのと
エリア付近で1デスするのは重みが全然違うんですね
これについてはゲームの組み立てについての記事で詳しく説明しています

勿論、打開時に敵エリアに一人でつっこむのは論外です
しっかりSPを貯めることは大切です
でも、デスを恐れていつまでも高台にこもってては
敵が再度SPを貯めてきますし、ボムを踏む確率も高くなります

チャンスを見つけた時に、エイっ!とキルを取りに行くのも大切です

「デスを減らす立ち回り」と「デスを恐れる立ち回り」は
似ているようで全然違います
一度自分の胸に問いかけてみてください

トライ&エラー!

最初の項でも説明しましたが、「挑戦し反省する」ということが大切です

PDCAサイクルを回すのが一番ですね
スプラでの具体的なPDCAサイクルについてはこちらの記事で紹介しています
PDCAって何?って人は、しっかり勉強してみましょう

関連記事:PDCAサイクルとは?具体的例を挙げて解説

大事なのは原因分析です

  • 何がいけなかったのか
  • どうしたらよかったのか
  • 次からどうするか

こういった事をきちんと振り返ることが大切
30秒動画なんかは凄い有効に活用できますね

30秒の間に大抵、何がいけなかったのかとかが分かるようになっています
デスしたときに30秒録画をして反省するだけで、全然変わってきますね

反省の仕方が分からない人は

人に教えてもらうというのも非常にありです

分からない人が集まって分からない事を考えても
良い知恵が生まることは少ないです
それなら、そういった分析ができる人に見て貰うっていうのは
非常に効果的かつ効率的ですよね

指導チーム「SEP」は先日XP2700到達者も出た実績ある指導チームです
自分より高いXPを輩出できるレベルの自慢の指導体制が整っています

メンバーも現在70名以上とかなり大所帯。
リグマやプラべ、反省会も積極的に行われているので
練習環境として非常にオススメですよ

詳細説明


圧倒的なAIMを身に付ける

このゲームの基礎はAIMです。学術的根拠に基づくAIM練習方法でぼくはXP2600を越えました。皆さんにその方法をお伝えします



有料記事読み放題


膨大・濃厚な知識が得られる有料記事がなんと月額で読み放題。考察と知識、練習方法、考え方まで身につく最高のプランです


本気の直接指導で上手くなる



甲子園優勝者と指導歴4年のベテラン指導者から直接指導を受けることができます。スプラトゥーンで唯一の指導専門チームを体験してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA