更新通知を受け取る

「近付けば当たりやすい」は勘違い!【初心者講座】

ゆと
皆さんどうも、ゆとです。

ぼくはXP2600↑、フェス24傑
大規模大会ベスト8くらいの
実績を持っていたプレイヤーです
現在は指導活動に専念しています
昔からスプラ指導をしていて
累計200人以上教えてきており
教えた生徒はXP2700到達者もいます

2019年8月よりプレイヤーの上達を助け
ゲームをもっと楽しむことを目指した
指導チームを運営しています
SEPについて知りたい方はこちら

オンラインサロン「SEP」

この記事はスプラトゥーン2の
初心者向けの記事になります
初心者にオススメする武器や
上手くなる為のコツなど
様々なことを紹介していきます

「近付けば当たりやすい」は勘違い!

割と初心者あるあるなんですが
敵に弾を当てようとして
やたらと接近する人が多いんですね

彼らの話を聞いてみると
「何か当てやすい気がする」とのこと
でも、実はそれ勘違いなんです

次の図を見てください

一番手前(下)の赤丸が自分だとします
で、敵の奥二つ(上)の赤丸が敵です
近い敵と遠い敵を示しているわけです

正面を向いてる自分がAIMをしようとするとき
遠くの敵を狙う方が角度が小さく
手前の敵を狙う方が角度が大きくなる
というのがこの図をみてわかると思います

つまり近い敵の方がAIMをより大きく
動かさないといけないんですね
大きくAIMを動かすってことは
それだけAIMがブレやすくなります

チャクチ狩りでも考えてみる

チャクチ狩りをする時を考えてみてください
自分の目の前の敵が、チャクチを使ったとき
上に対して急にAIMをガッと上げないと
AIMが合いませんよね

しかし、比較的遠くの敵がチャクチをしてる時
少し動かすだけでAIMが合います

このイメージをするだけでも
どっちの方が当てやすいか
わかってくるんじゃないでしょうか

射程管理はとても大切

「必要以上に近付かないこと」ってのは
凄い大切なんですね
よくあるパターンとして
射程が長いブキが
自分から短いブキに近付く
なんてことよくありますね

本人は当てやすくしてるつもりが

  • 敵の弾が届く範囲に
    自分から近付いている
  • AIMの動かす角度を大きくして
    当てにくい状態にもっていってる

という全くの逆効果になるわけです

ZAPに自分から近付くプライムなんて
まさにこれの典型かなと思います
S~S+以下の方に凄い多いので
ぜひ「射程管理」意識してみてください!


XP2700を輩出。確かな実績のある継続的なコーチングを受けてみませんか?



1年以上運営が継続されている、継続的なコーチングを受けれるオンラインサロンです。確かな実績と指導ノウハウであなたの実力向上をサポートします。”本当の実力”を磨きたい人は今すぐ下の画像をクリック!




新たな活動開始!



新しくブログとYoutubeをはじめました
色々なことをして楽しんでいく
ということを大切に活動していきます

良かったら応援して頂けると幸いです

Youtube

APEXの配信をメインに
色々なゲームを楽しくやっていきます

ブログ

人生観、日常等、「暮らし」
について書いていきます


ABOUT US

アバター
ゲームコーチングの専門家
ぼくは20代後半で看護師(三交代)をしながら 2018年頃にXP2600↑、フェス24傑達成 その後スプラ初のコーチング専門へ転向し XP2700到達者を複数人育てることに成功 継続的な指導を行うオンラインサロンを立ち上げ 「本気で楽しめる趣味、スポーツとしてのゲーム」 という目標を立ち上げ 日々、コーチング活動をしています