更新通知を受け取る

【スプラトゥーン2】こんなギアの決め方に注意!【上達したい人は要注意】

ゆと
こんにちは
ゲームコーチングの専門家
ゆと”です。

さて、みなさん
ギアの決め方について
とても注意したいことがあるので
紹介していきたいと思います

あくまで「上達する為の考え方」なので
大会ギアとかとは考え方が別です
その辺り勘違いのないようご注意下さい

こんなギアの決め方に注意!

こんなツイートをしました

今回は「インク系ギア」を例に
紹介していきたいと思います

「インク切れ」がよく起きる人の例

たまに「インク切れ良くするしインク系ギア積もう」
という人を見掛けます

この人が苦手とするのは
「インク管理」という技術です
そして、その苦手分野を
ギアでカバーするという考え方をしてる訳ですね

ギアの選択なんて人それぞれですが
”上達”という目的で見るとNGになります
”今の自分の実力で勝つ”という目的なら良いんです

以前、苦手をそのままにしない方が良い
という記事を書きました
考え方としてはそれと同じです

参考記事:「苦手」をそのままにしない!

「インク管理が苦手」をそのままにすると
いつまでたっても
インク管理は苦手な状態になります
(小泉進次郎構文っぽいですが)
そして、そのまま苦手をカバーする為に
ギア枠を0.2割いてたとすると
ずっとギア枠を0.2割き続けることになります
これは、インク管理が苦手ではなく
ギア枠を割かなくいて良い人に比べると
損してる状態だと言えます

大会に挑むときとかは?

ただ「インク管理が苦手」という状態のまま
大会に挑むことになったとしましょう
大会は勝つことに何よりもフォーカスしたいので
この場合はインク管理が苦手なのは放置できません
その為応急処置としてギアで調整をするわけです

同じように、あとちょっとでXPの最高値が更新できる…!
みたいな「勝負時」は使いやすさを優先した
「本番用ギア」にしてもいいかもですね

他のパターンもある

  • イカ速が無いと詰めるのが遅い(イカ速依存)
    ⇒キャラコン不足の可能性
  • インク切れが多い(インクギアを積む)
    ⇒インク管理が苦手な可能性
  • 敵にすぐ見つかる(イカ忍で誤魔化す)
    ⇒スニーキングができてないだけの可能性
    (他にも無駄打ちが多いとかも)
  • 安全靴ないと動けない(安全靴依存)
    ⇒敵インク踏みすぎの可能性

あくまでも一例ですが
コーチングの経験上
こういうパターン多いです

「自分の苦手な技術をギアで誤魔化す」
は上達する上では本当に遠回りになるので
ぜひ注意してください

おそらくこんな反論も

「ガチマは勝たないといけないから
苦手を克服するギアを使うのは当然だ」

という方もいると思います
ここらへんは正直価値観の違いです
ぼくはガチマッチについて

  • 上達する為の場所
  • 上達すると自然と腕前やXPが上がる

と考えています
ので、目先の1勝よりも
自分が上達することを優先して考えます
スプラに限らずAPEXや他のゲームでも
同じように考えていますね

ここらへんは
絶対的に正しい答えなんてないので
言い争っても仕方ないですし
ぼくも強要するつもりはないです
SEPではそれを推奨しますけども

自分の「苦手」と向き合おう

何に関しても言えることですが
「自分の苦手」と向き合うことは大切です
苦手なことを誤魔化すのではなく
正面から向き合って改善していきたいです

「上達とは、できないことができるようになること」

と以前も記事で書いていましたが
そういった考え方は本当に大切にしたいですね

参考記事:上手くなるって何?

スプラトゥーン3でも
こういった「上達」の考え方は大切になります
ぜひ意識していきたいですね


XP2700を輩出。確かな実績のある継続的なコーチングを受けてみませんか?



1年以上運営が継続されている、継続的なコーチングを受けれるオンラインサロンです。確かな実績と指導ノウハウであなたの実力向上をサポートします。”本当の実力”を磨きたい人は今すぐ下の画像をクリック!




新たな活動開始!



新しくブログとYoutubeをはじめました
色々なことをして楽しんでいく
ということを大切に活動していきます

良かったら応援して頂けると幸いです

Youtube

APEXの配信をメインに
色々なゲームを楽しくやっていきます

ブログ

人生観、日常等、「暮らし」
について書いていきます


ABOUT US

アバター
ゲームコーチングの専門家
ぼくは20代後半で看護師(三交代)をしながら 2018年頃にXP2600↑、フェス24傑達成 その後スプラ初のコーチング専門へ転向し XP2700到達者を複数人育てることに成功 継続的な指導を行うオンラインサロンを立ち上げ 「本気で楽しめる趣味、スポーツとしてのゲーム」 という目標を立ち上げ 日々、コーチング活動をしています