更新通知を受け取る

【スプラトゥーン2】後衛こそ磨いておきたい技術!【まぎえーす氏から学ぶ】

ゆと
こんにちは
ゲームコーチングの専門家
ゆと”です。

今回参考、紹介したいのは
「まぎえーす」さんです
スプラ1の頃からこの方は憧れでした
最強チーム「神速」のスピナー使い

スプラ2になってから
大会勢ではなくYoutuberへと転向しましたが
それでも参考にしたいプレイングは沢山あるので
少し触れていきたいと思います

後衛こそ磨いておきたい技術!

爽やかイケメンずるいですね
まぁそれはともかく
ハイカスはフルチャージすると2.5秒という
非常に長い時間が必要で
しかも、重量ブキなので
イカ速も遅いです
「要塞」を思わせる武器ですよね

しかし、彼の動画を見てみてください
「ハイカスとは思えない機動力」をもっています
普通のハイカスと一体何が違うのでしょうか?

秘訣は〇〇にある

その秘訣は「操作技術(キャラコン)」にあります
最初の試合の初動から

  • 塗り進み
  • 雷神ステップ
  • 壁張り付き

とテクニックのオンパレード
そして、咄嗟の対面での「半チャージ」
これにより、ハイカスとは思えない
「小回りの利く素早い動き」
を実現しているわけです

半チャージの有効活用

例えば、塗り進みをする時
多くの人は「チャージ1周」くらいしてから
塗り進みをしていますが
まぎえーす氏はほんの0コンマ数秒のチャージで
足場を作っています

彼のような熟練のスピナー使いは

  • チャージ時間に対して
    どれくらい弾が出るのか
  • 今目の前の敵を倒すのに
    どれくらいチャージしたらいいのか

といったことを感覚的に覚えており
「今目の前の状況に対して必要な最低限のチャージ」
で対応することができるんですね

練習しよう

こういった操作技術ですが

  • ガチマしながら真似ができる人
  • ガチマで真似できない人

に大きくわかれます
そして残念なことに
真似できない人が8割以上です

ガチマしながら真似できない人は
どうしたらいいのでしょうか?
答えは簡単です
「1つ1つの技術を練習する」
しかありません

3つの段階を踏んでいく

これらの操作技術は
段階を踏んで練習していくことが大切です

  1. 射撃練習場
  2. 散歩
  3. ガチマ、リグマ

といった感じですね
よくこの過程をすっ飛ばして
いきなりガチマからやろうとする人がいますが
それができるのはセンスある一部の人だけ

自分のセンスに自信がある人以外は
まずは射撃練習場からやっていくことを
オススメします

参考記事:練習で出来ない事は試合でも出来ない

もし、この
「段階に分けた練習」
がよくわからないという方は
ぼくが出してる記事を参考にして貰えると良いです

参考記事:ゆと式キャラコン練習

動画を何度も見て分析する

また、これに関して
「とりあえず前出てるから真似してみよ」
みたいな漠然とした真似は
ただデス数が増えるだけなので注意です

どういう時に、どういう技術を使ってるのか
チャージ時間はどれくらいなのか
視点はどう動かしてるのか
全ての動作や操作を見逃さずに
1つ1つ分析していき
そして、それを真似するのが大切です

しばしば、
「まぎえーすがハイカスで前に出てるから
前に出てみるわ」
みたいな発言を見ますが
彼が前に出ることができてるのは
「操作技術」や「周辺視野」といったことが
非常に高い水準で出来ているからなんですね

その人の動きをとりあえず真似するのではなく
何でその動きができるのか
どうやったらその動きができるのか
と掘り下げて分析して真似することが
上達への道になります

ぜひ皆さん、意識して動画を見てみてください


XP2700を輩出。確かな実績のある継続的なコーチングを受けてみませんか?



1年以上運営が継続されている、継続的なコーチングを受けれるオンラインサロンです。確かな実績と指導ノウハウであなたの実力向上をサポートします。”本当の実力”を磨きたい人は今すぐ下の画像をクリック!




新たな活動開始!



新しくブログとYoutubeをはじめました
色々なことをして楽しんでいく
ということを大切に活動していきます

良かったら応援して頂けると幸いです

Youtube

APEXの配信をメインに
色々なゲームを楽しくやっていきます

ブログ

人生観、日常等、「暮らし」
について書いていきます


ABOUT US

アバター
ゲームコーチングの専門家
ぼくは20代後半で看護師(三交代)をしながら 2018年頃にXP2600↑、フェス24傑達成 その後スプラ初のコーチング専門へ転向し XP2700到達者を複数人育てることに成功 継続的な指導を行うオンラインサロンを立ち上げ 「本気で楽しめる趣味、スポーツとしてのゲーム」 という目標を立ち上げ 日々、コーチング活動をしています