更新通知を受け取る

【スプラトゥーン2】ステルスジャンプを使うならまず○○を意識する!【飛び方を考えてみよう】

ゆと
こんにちは
ゲームコーチングの専門家
ゆと”です。

大人気ギア「ステルスジャンプ」
その使い方について話していきます

ステルスジャンプを使うならまず○○を意識する!

結論から言うと

「絶対安全だと思う場所」

を意識するのが大切です

ではこれについて説明していきます

何で?

まず理由についてですが
あくまでステルスジャンプって
敵の中後衛やボムに狩られるリスクを減らすことで
”前線への復帰速度をはやくする”
という事が目的になります
言ってしまえば「時間の節約」です

で、際どい場所や最前線に飛んでしまうと
敵が近くにいた場合、着地地点が見えてしまうので
普通に倒されてしまいます
デスしたら8秒間復活に時間がかかるので
「時間を節約しようと無理にジャンプしたら
デスしてかえって時間を失った」
という事になりかねません

割と本末転倒なことになってしまいます

際どいジャンプは見極めが難しい

上級者にもなると
「倒されそうに見えて実は安全」
みたいな場所にジャンプ入れたりします
でも、これ
滅茶苦茶難しいんです

  • 敵位置
  • 味方位置
  • 塗り状況
  • 枚数状況

などなど
色々なことを見て
「今のタイミングでここならギリギリいける」
と判断して飛んでいます
しかも、マップを見て一瞬で判断してのことです
それを普通の人がやるのって
中々ハードル高いと思いませんか?

なぜデスしたのかを適切に振り返る事が
ちゃんとできる人なら
際どいジャンプをしたら良いかもですが
いきなり際どいところから練習する必要もないです

まず最初は
「確実に安全な復帰ができる場所とタイミング」
を掴むようにしましょう

反論:そんな事言い出したら飛ぶタイミング無い

ぼくの考えに対し「ギアが腐る」という反論
きっとあるんじゃないかなと思います
その気持ち、わからなくもないです
確かに、確実に安全な場所に飛ぶってすると
そもそも飛べないことが少なくないです

でも、落ち着いて考えてみてください

  • ラストスパート
  • カムバック
  • 爆風軽減

みたいなギアでも
「常時役に立つギア」ではないですよね
「~~な時があるからその時の為に使う」ってギアです
これと同じ種類のギアだと考えてみてください

「前線復帰速度を短縮できる時がくるかもしれない」
「そして、それが結構重要な時がくるかもしれない」

そんな「いざという時の為に」使うギアなんです
1.0のギア枠を割く価値があったら使えばいいし
価値が無いなら使わなかったら良いんです
”ギアを積んでるから沢山活用しないと勿体ない”
という気持ちは結構わかるんですけど

節約する為に割引商品大量に買い込んだら
結局使うお金は増えますよね
何でも必要最低限が一番だと思います

まずは「安全な場所とタイミングを覚えよう」

あくまでもこの主張は
「第一段階」
というのをお忘れなく

安全な場所とタイミングを覚えてきたら
今度は少しだけリスクを取って
飛んでみたら良いです

ただ、それができる人って
結構もう上手い人なんで
ぼくの記事なんて必要ないかな
ってのが本音です

ぼくは基本的に

  • スプラに沢山時間を割けない人
  • XやXP2500ぐらいを目指す人
  • 感覚でやって上手くなれない人

みたいな人向けに記事を書いてるので
自分で試行錯誤をパッとできてしまう人や
上位の方については触れていません

その辺りも踏まえて
この記事を何かの参考にして貰えたら良いかな
と思ったりします

 


XP2700を輩出。確かな実績のある継続的なコーチングを受けてみませんか?



1年以上運営が継続されている、継続的なコーチングを受けれるオンラインサロンです。確かな実績と指導ノウハウであなたの実力向上をサポートします。”本当の実力”を磨きたい人は今すぐ下の画像をクリック!




新たな活動開始!



新しくブログとYoutubeをはじめました
色々なことをして楽しんでいく
ということを大切に活動していきます

良かったら応援して頂けると幸いです

Youtube

APEXの配信をメインに
色々なゲームを楽しくやっていきます

ブログ

人生観、日常等、「暮らし」
について書いていきます


ABOUT US

アバター
ゲームコーチングの専門家
ぼくは20代後半で看護師(三交代)をしながら 2018年頃にXP2600↑、フェス24傑達成 その後スプラ初のコーチング専門へ転向し XP2700到達者を複数人育てることに成功 継続的な指導を行うオンラインサロンを立ち上げ 「本気で楽しめる趣味、スポーツとしてのゲーム」 という目標を立ち上げ 日々、コーチング活動をしています