更新通知を受け取る

【スプラトゥーン2】キルを取るために確認しておきたい5つのポイント

ゆと
皆さんどうも、ゆとです。

ぼくはXP2600↑、フェス24傑
大規模大会ベスト8くらいの
実績を持っていたプレイヤーです
現在は指導活動に専念しています
昔からスプラ指導をしていて
累計200人以上教えてきており
教えた生徒はXP2700到達者もいます

2019年8月よりプレイヤーの上達を助け
ゲームをもっと楽しむことを目指した
指導チームを運営しています
SEPについて知りたい方はこちら

指導チーム「SEP」

試合中敵と1:1の対面状況になる事って
少なくないですよね
その時、どうするべきか迷うことありませんか?
キルを取るのに確認しておきたい
ポイントが5つあるんですね

キルを取るために確認しておきたい5つのポイント

  1. 敵のブキの射程、キル速
  2. 自分と敵の距離
  3. 敵の蓄積ダメージ
  4. 周りの塗り状況
  5. 周りに敵がいるかどうか

当たり前と言えば当たり前なんですが
これらを見ることで
「有利・不利」がわかるんですね
割とシンプルなんですけど
非常に重要度が高いです

不利だと思ったら逃げる

これらを確認して
少しでも不利だと感じたら
対面は原則避けましょう
ぼくたちは鎌倉時代の一騎打ちしてる訳じゃありません
4:4の集団戦をしてるんです。

敵が隙を見せたそのときに
一方的に倒せば良いんですね。
撃ち合いを制することに気持ちよさがあるので
ついつい無理にしかけちゃうこともあると思うのですが

相手の様子をよく見ると
一方的に勝てるシーンって結構あるんです

上位層ですらやってること

上手い人の大会動画みてください
「あそこの〇〇やるわ。。。。。やった。」
みたいな報告よくあると思います。
なんで「倒せる自信があるか」というと
「有利対面に持っていける状況だ」
と判断していて
勝てる可能性が高いからなんですよね

上位層ですら、一騎討は避けることが多いです
あくまでも「有利だから仕掛ける」わけです
「自分の実力の範囲内で倒せる敵を確実に倒してる」
だけなんですね
まぁその倒せる範囲が非常に広いのが
上位層の凄いところではあります

それを判断するためのポイントが
冒頭の5つになるわけです。
「確実に倒せる範囲」を広げるために必要なのが
AIMと知識と操作技術です。
だから、結局その3つが無い人は
取れる選択肢も倒せる範囲も狭いんですね

勿論、有利不利を判断するためには
ブキの性能についてよく知っておく必要がありますね

・X2500↑のAIMを手に入れるAIM練習

ブキの強みを敵に押し付ける

有利状況って、自分のブキにとって
有利な状況って意味なんで
結局、ブキの強みを敵に押し付ける
ってのが勝ちに繋がります

その為には
当然のようにブキへの理解と知識が必要になります

だって、相手のブキより
自分のブキの何が強いのかわからないと
戦い様がないでしょ?
「イチかバチか」をし続けても
勝率は上がりません。
冷静に状況を判断して
小さな負けを減らす人が勝率が高いんですね
小さなことを積み重ねて
勝率を上げていきたいですね


圧倒的なAIMを身に付ける

このゲームの基礎はAIMです。学術的根拠に基づくAIM練習方法でぼくはXP2600を越えました。皆さんにその方法をお伝えします



有料記事読み放題


膨大・濃厚な知識が得られる有料記事がなんと月額で読み放題。考察と知識、練習方法、考え方まで身につく最高のプランです


本気の直接指導で上手くなる



甲子園優勝者と指導歴4年のベテラン指導者から直接指導を受けることができます。スプラトゥーンで唯一の指導専門チームを体験してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA