更新通知を受け取る

【スプラトゥーン2】スプラシューターコラボの立ち回り【基礎を学ぶにはもってこい】

ゆと
こんにちは
ゲームコーチングの専門家
ゆと”です。

この記事は、関東甲子園優勝経験のある
”ここさん”の記事をベースに
少しゆとが手を加えた記事になります

 

スプラシューターコラボの立ち回り

基本的な動き

  • 相手の後衛を倒す
  • 敵の注意を引き付ける(ヘイトを集める)

一番武器パワーの高い後衛を抑えることが
このゲームの手っ取り早い勝ち方なんですね
その役割を担っているのが前衛です

また、前衛の大きな役割として
「相手をオブジェクトに近付かせない」
というのもありますね

スシは機動力が高いことを活かして
どんどん前に詰めていきたいですね
可能なら、後衛まで詰めて倒してしまいましょう


前衛の役割について詳しく知りたい方はこちら

ヘイトを稼ぐ

敵に嫌がらせをして注意を自分に向けることをヘイトを稼ぐといいます
自分に注意を向け嫌がらせをすることで
相手の後衛が本来の役割を遂行できない状態が生まれます

この状態は本当に相手にとっては嫌な状況で
味方にとっては動きやすい状況になるので
有利な試合展開が期待できるわけです

ゲームの基本的な組み立てについてはこちら

潜伏・スニーキング

潜伏はスシコラの重要な動き方の1つです
スプラトゥーン2は
全体的に長射程が有利な環境になっています

  • プライムシューター
  • チャージャー
  • スピナー系
  • デュアルスイーパー

など、スシより長い射程がメインですよね
つまり「正面からただ突撃しても射程で負ける」
ということになります

そして、敵に近付く為に有効な手段が
スニーキングと潜伏になるわけです
よく、こういった行動をせずに裏取りをする人を見ますが
裏取りは時間がかかる上に味方の援護には行けず
味方にとって不利な状況を作りやすい為
できれば潜伏スニーキングで近付く
ということを日ごろから意識したいですね

打開時の動き

正直この武器は弱いので
やれる事の択が少ないです。
スペシャルを溜めたいのですが
なかなか溜まらない事が多いので
メインで仕掛けても良いと思います。

このブキにおいても
やはり潜伏が重要な技術になります
自分のインクと相手のインクの境目の辺りで潜伏して
相手が詰めようとしたり、ボムを投げたりして
近くまで来たタイミングでキルを取りましょう。

ここでやれずに終わると
打開出来ない事が多いので
確実に敵をキルできるタイミングを
辛抱強く待つのが大切です

または、味方に付いて行きましょう。
特に、味方のやられて欲しくない
武器(わかばなど)に付いて行き
味方を落としに来た相手を返り討ちにします。

護衛するって思って貰えばわかりやすいと思います
護衛なので、護衛対象がやられてはダメですよ

抑えの動き

ここで活躍できるかがポイントですね。
積極的に相手の打開を潰しに行くと良いです。

無理しろとは言いませんが、出来るだけ前に出ましょう。
後ろに下がっていてもやれることはないです。
最悪キル出来なくても良いです。
前に出てヘイトを稼いで、時間稼ぎをしたいですね。

カウントで勝負するゲームなので、時間稼ぎって結構重要です。
キルを狙って無理だったら少しでも生き残る努力をし
時間を稼ぎましょう。ここでスシコラの機動力が活きます。

時間稼いで味方の元へスーパージャンプで戻れたら100点満点です。
やられずに相手の打開を潰すチャンスがまたくるので。

しかしこれは難しいので、慣れるまで出来ないと思いますが
挑戦する価値はあると思います

裏取り

裏取りを変なタイミングで行く人が多いですが、注意点

  • タイミングが理解できない人はやめましょう。
    味方に不利な状況を作ることになります
  • 人数不利の状況下で行くのは
    絶対やめてください。負けの原因になります

ただでさえきつい状況なのにさらに状況が悪化します。
自分が裏取りしている間に味方が全滅します
自分の裏取りのせいで味方が全滅してるのに
文句を言ってる人もしばしば見かけます

人数有利になったら裏取りしても良いです
ただし相手が下がっている時ではなく
下がろうとした時に不意打ちするのが一番有効です。

また、均衡時も有効なタイミングになりえます。

  • 塗り勝っている時
  • 味方の他武器にヘイトが集まっている時

がとても有効なのでオススメです。

塗り勝っている時とは
相手が動ける範囲が狭い時です。
この時に色んなところから相手が来ると
逃げることも出来ないので対応が難しいです。

味方の他武器に長射程やキャンプがいて
敵が動きにくそうにしているとき
横から突然現れると敵は対応できません。
スシに関しては正面から行ってもやれることが少ないので
裏取り多めに動いても良いかなとは思います。

毎回裏取り行くとバレるので
たまに正面から味方に付いて行くなど
緩急をつけるとより良いです。
しかし注意して欲しいのは
裏取りをしている時間は
味方を不利状況に追い込んでいる時間とも言えます

味方が耐えられそうな状況でないと
思ったときはやめておきましょう

基礎を学ぶにオススメ

このようにスシは

  • キルを取りに行く
  • 前に出る
  • 潜伏、スニーキングをする
  • ヘイトを集める

といった、非常に基本的な動作を必要とします
基礎が詰まった武器と言えるわけです
逆に、スシが全く使えないという人は
この基礎が疎かになってるあかもしれません

スプラ3に向けてこのブキを使って
基礎技術の向上を図っていきたいですね

まとめ

  • 正面から突っ込んでも勝てない。
    嫌がらせや潜伏を有効に使おう
  • 抑えの時はとにかく時間稼ぎ
  • 打開の時は焦らずキルできるタイミングを待つ
  • 裏取りは非常に有効だが、難しい
    理解が薄い人はやらない方が良い

基礎となるブキはやはり大事なことが詰まっています
練習してみる価値はあります。がんばってください


XP2700を輩出。確かな実績のある継続的なコーチングを受けてみませんか?



1年以上運営が継続されている、継続的なコーチングを受けれるオンラインサロンです。確かな実績と指導ノウハウであなたの実力向上をサポートします。”本当の実力”を磨きたい人は今すぐ下の画像をクリック!



ABOUT US

アバター
ゲームコーチングの専門家
ぼくは20代後半で看護師(三交代)をしながら 2018年頃にXP2600↑、フェス24傑達成 その後スプラ初のコーチング専門へ転向し XP2700到達者を複数人育てることに成功 継続的な指導を行うオンラインサロンを立ち上げ 「本気で楽しめる趣味、スポーツとしてのゲーム」 という目標を立ち上げ 日々、コーチング活動をしています